【皮膚アレルギー】最近、なぜ皮膚がかゆくなるのですか?


最近の天気では、昼と夜の気温差が大きく、日中はとても暑く、夜は寒いことが多いです。夜に運動に出かけると、腕がアレルギーになり始めます。掻いても大丈夫だろうと思っていたのですが、掻けば掻くほど悪化し、皮膚が破れてしまいました。どうすればいいですか?」

温度差が繰り返されると、皮膚のかゆみ(アレルギー)要因が発生する可能性が高くなります。もちろん、アレルギーは他の多くの要因によって引き起こされ、通常、次の一連のサイクルが発生しますが、これは制御不能です。

内的または外的要因によって引き起こされた後→かゆみ(アレルギーの始まり)→引っかき傷(手に負えない)→さまざまな小さな傷→炎症

1.内外の原因はたくさんあります(下図のように)。かゆみがひどくて我慢できない場合は、皮膚科医に相談し、医師に原因を注意深く調べてもらいましょう!

2.かゆみ(アレルギーの始まり):季節を変えるときはローションやワセリンをこするか、かゆみを和らげるために少量の氷を塗ることをお勧めします。お風呂の水温は適度にすることをお勧めします。暑すぎると入浴後のかゆみが増します。

3.引っかき傷:すべての邪悪な傷の根源

4.あらゆる種類の小さな傷:かゆみの感覚を制御できないことが多く、小さなかゆみを小さな傷に引っ掻き、次に大きな傷に引っ掻き、絶え間ない引っかき傷と絶え間ない炎症は簡単に永久的な傷跡を残します。

上記の提案は、初期の小さな改善に過ぎませんが、それでもかゆみを感じる場合は、皮膚科に行くのが一番ですよ。皮膚のかゆみは、体の中の何かの警告サインであることもあります。何といっても、皮膚は体の中で最も大きな器官ですから、医師の指示に従うのが一番です。