呼吸マスク圧力リリーフパッド-TAICEND皮膚圧力リリーフパッド

"タイソン "の皮膚圧迫緩和パッドは、呼吸器科やICUなど、呼吸を補助するために簡易的な酸素マスクを装着する必要があることが多い「慢性疾患」や「長期療養」の患者さんや、急性・慢性呼吸不全の患者さんの治療において、骨の隆起部分の皮膚への圧迫を軽減し、褥瘡(じょくそう)が発生しにくくするために使用します。 長時間使用すると、患者の顔に褥瘡ができたり、酸素鼻カニューレやマスクの圧力で赤みが出たり、皮膚が破れたりすることがあります。

  • 製品構成構造:ポリウレタンフィルム、ポリウレタンフォーム。
  • 適応症:TAICEND皮膚圧迫緩和パッドは、患者の褥瘡の可能性を減らすために、骨のプロセスで皮膚圧を下げるために医療目的で使用されます。

製品の特徴

圧力を再分配する

 圧力が同じ突き出た骨に集中しないように圧力を再配分し、褥瘡の可能性を減らします。

摩擦を減らす

摩擦を減らし、肌を保護し、95%の圧力を吸収します。

皮膚の通気性を維持する

長時間のフィットでも肌に適度な通気性を持たせるため、肌の通気性を維持し、アレルギーの発生を抑えます。

再利用可能

洗濯・洗浄が可能で、日陰での乾燥後も再利用できます。

 

製品構造

ポリウレタンフィルム

素材は肌のようなPUフィルムでできており、圧力のストレス下で肌を滑らかにし、摩擦を減らし、肌を柔らかく快適に感じさせます。

ポリウレタンフォーム

ポリウレタンフォームの独自の特許取得済みのデザインにより、ストレスポイントに焦点を合わせたり、圧力を再配分したり、顔面の褥瘡の発生を減らしたりすることなく、皮膚が再び押されたときに圧力を分散させることができます。

 

製品認証


製品仕様製品番号製品仕様サイズ
呼吸マスクの減圧R2-002-01-C14.2x12.5 cm
ロングナイフ外科用減圧パッドR1-003-01-C20x30 cm,厚度2mm
減圧用N95マスクR3-001-01-C2x10cm

再利用可能です。肌の表面をきれいな布で拭き、水でやさしく拭いてください。箱に2枚入っています。     3回以上繰り返して使用する場合は、新しいものと交換することをお勧めします。

使い方

  1. パッキングボックスから固定ロープと減圧パッド本体を取り出し、真ん中の水滴状の減圧パッドを取り外します。減圧パッドの本体は、皮膚のような層を下に向けて平らに置かれ、固定ロープの両端は、それぞれ、減圧パッドの本体の両側にある小さな穴を上から通過する。このとき、固定ロープは締め付けられておらず、固定ロープと減圧パッド本体の間のスペースは確保されています。

  2. 固定ロープと除圧パッド本体の間に呼吸用マスクを置き、固定ロープの端をさらに締め付けた後、ロープの端を引き戻して呼吸用マスクに直接結び付け、除圧パッド本体を呼吸用マスクと一緒に簡単に移動させることができます。
  3. ご使用の際は、模造皮膚層(ゲルフィルム表面)との接触にご注意ください。
  4. 皮膚の表面をきれいにします。皮膚の洗浄した部分が乾いたら、圧力除去パッドを皮膚の圧力をかけた部分に置きます(パッチは皮膚に面しています)。
  5. 減圧パッドの先端を鼻梁に合わせて顔を覆い、くぼみに鼻を露出させます。
  6. 方法1で取り外した水滴状の圧力逃がしパッドを額パッドの希望の形状とサイズにカットし、額に置きます。
  7. 状況に応じて、患者のニーズを満たすために圧力リリーフパッドをわずかに引くことができます。
  8. 患者のすべての圧迫された領域が減圧パッドで覆われていることを確認してください