TAICEND 傷パッチ(滅菌)

傷口を直接覆い、保水性、防水性、通気性に優れ、しっとりとした癒しの環境を提供します。柔らかく、傷に付着しないため、傷の引っ張りによる二次的な傷を防ぐことができます。かさぶたや壊疽組織に使用して、異物をブロックし、感染のリスクを減らすことができます。

  • 製品組成主な構造:カルボキシメチルセルロース、エチレン酢酸ビニル、ポリウレタンフィルム、ヒアルロン酸。
  • 適応症:表面の傷(擦り傷、縫合を必要としない表面の切り傷、1年生および2年生の火傷、水疱の傷など)は、皮膚の修復と使用に役立ちます。かさぶた組織および壊疽組織。


製品の特徴

追加された保湿因子

ヒアルロン酸保湿成分の配合により、保水力に優れ、傷口の保湿を適切に保ちます。

低アレルギー性

アレルギーの少ない素材でできており、長時間つけても肌アレルギーや赤み、むくみがなく、とても快適です。

柔らかくならずに吸収される

軟化することなく滲出液を吸収し、ドレッシングの硬さを維持するために特別に設計されています。

防水性とシャワー性

傷口を守り、バクテリアや異物を防ぎ、直接シャワーを浴びることができます。

 

製品構造

製品認証

 


製品仕様製品番号尺寸

製品包装

-O2-003-01-Y10x10 cm5個/パック
-O2-004-01-Y15x15 cm5個/パック

◆ 表面的な傷(擦り傷、縫合を必要としない表面的な切り傷、1回目と2回目の火傷、水疱の傷など)は、皮膚の修復と使用に役立ちます。

ジェルドレッシングと併用できます。表在性創傷やかさぶた組織、壊疽組織に適量のジェルを塗布し、創傷パッチを貼り付けます。創傷の大きさにもよりますが、1〜2回おきに交換することをお勧めします。    

◆ この製品は1回限りの使用です。使用後は廃棄してください。     傷口の感染を防ぐため、再利用しないでください。

いつ使用するか

  1. 手を洗い、生理食塩水で傷口をきれいにしてください。
  2. 滅菌ガーゼを使用して創傷床と周囲の残留液を乾燥させるか、創傷と周囲の皮膚が自然に乾燥した後、適切なサイズの創傷パッチを1枚取ります(創傷領域より約1〜2 cm大きくすることをお勧めします) 、および粘着面から剥離紙を取り除きます。創傷パッチを創傷合わせて、創傷パッチとの指の接触を減らします。
  3. 傷口の端を指で軽く押して、皮膚にぴったりとフィットし、接着効果を高めます。
  4. 取り除くときは、髪の毛の方向に従い、傷口と平行に180°で傷口をはがし、片方の手で傷口を軽く押し、もう一方の手でそっと伸ばして傷口を分離します膚表面。傷が乾燥しすぎて剥がれにくい場合は、生理食塩水を使用して製品の端に沿って湿らせてから、ドレッシングをゆっくりと剥がしてください。

 

創傷パッチ(人工皮膚)の使用に関するアドバイス(専門の医師が必要)

傷のゲル+傷パッチ    傷の上皮化を助け、保湿を高めます。

+